協会ブログ

2018.07.13

3大学合同合宿②

どうもSです。

梅雨明けしたら、ずっ~と真夏日ですね。

6月30日に引き続き、7月1日も3大学合同合宿のサポートしました。

7月1日は京都学園大の学生も参加して、竹林整備と竹炭作りです。

真福寺の裏の竹林で行いました。

切り出した竹をカットし、炭化器で炭にしていきます。


この炭化器を使うと、野焼きに比べて灰になりにくく、効率良く炭を作れます。

写真の状態の後、火が弱まってから水をかけて消火し、炭の完成です。

普段なかなかやることがないのか、学生たちは楽しく一生懸命作業してました。

今回の合宿から地球温暖化などに興味を持って頂けるといいですね。

それではお体に気をつけて、ではまた。

2018.07.11

3大学合同合宿

 どうもSです。

近畿地方も梅雨明けしましたね。

6月30日に龍谷大学と立命館大学の方々が当圃場のソーラーシェアリングに視察に来られました。

こちらは立命館大学の方々です。

当会の柴田が英語で説明しています。

ほぼ留学生の方々だったので。

こちらは龍谷大学の方々です。

当会の井上と小澤が説明しています。

視察に来られた学生は政策学を学んでいるので、

農村地域が抱える問題や耕作放棄地の利用についてなど

熱心に質問されていました。

学生の間に沢山学んで、遊んでほしいですね。

それではまた。

2018.07.04

にんにく

 どうもSです。

本日はニンニクについてです。

昨年9月初旬に播種しました。

皆様ご存知の通り、当圃場は遮光率85%で日光量がとても少ないです。

その条件でニンニクが生育できるのか…

結果…

出来ました!

小ぶり感は否めませんが、無事に育ちました。

後は乾燥させるだけです。

それではまた。

2018.06.15

玉葱

 こんにちは、Sです。

今回の話題は先日収穫した玉葱です。

昨年の11月に定植しました。

ソーラーパネル下で黒マルチ、ソーラーパネル下で白マルチ、露地で黒マルチの3パターンで生育させました。

結果は

露地で黒マルチ >> ソーラーパネル下で黒マルチ ≧ ソーラーパネル下で白マルチ

の順で標準サイズまで成長した個体数に差異がありました。

露地の黒マルチとソーラーパネル下で黒マルチと差は大きかったですが、

ソーラーパネル下で黒マルチとソーラーパネル下で白マルチの差は殆どありませんでした。

これから詳しくデータ取って原因・要因を探ります。

それでは。

2018.06.11

夏野菜

 初めまして、ブログ担当に任命されましたSです。

今回から私が更新していきますのでよろしくお願いします。

さて今回は夏野菜の生育実験の話です。

当実験場は圃場の上にソーラーパネルがあり、日光を85%遮断するという特異な環境です。

そのソーラーパネルの下で植物は育つのか?育たないのか?

もし育つなら、日光が100%の場所と比べて成長速度や成長度合いはどうなるんだ?

ということを調査していきます。

写真は定植時のものです。

 

結果がわかる8月末が楽しみですね。

今回はこの辺で。

2018.05.17

穴焼き

先日行った穴焼きの話題を

クルベジに必要な炭を簡単に作る方法の一つです。

地面に穴を掘って、その穴で焼くと炭ができます。

このような感じで焼きます。

その後、水をかければ

このようなかたちで炭になります。

もっとやり方を改善させれば、できる炭の量も増えると思います。

2018.01.31

スタディーツアー

 1月30日、龍谷大学の学生さん40名が、スタディーツアーのため亀岡のソーラー圃場に来られました。
協会の柴田代表や、井上理事の話しを熱心に聞いて、クルベジについて学習されました。
実践演習では、竹炭の炭素量の算定と圃場への埋設を経験して頂きました。

2016.11.17

茨城県農業総合センターへ行ってきました。

 茨城県農業総合センターへ行ってきました。

2016.10.31

農研機構に行ってきました。

農研機構農業環境言動研究センターと取り組んでいる「持続可能な食の消費と生産を実現するライフワールドの構築」のうち、ワーキンググループ4「農村地域の持続可能性を支えるツール」について話し合いました。

カレンダー

«8月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリーリスト

    ブログ内検索

    フィード

    会社案内

    一般社団法人 日本クルベジ協会
    〒567-0041
    大阪府茨木市下穂積2丁目8-13-211

    Copyright (C) 一般社団法人 日本クルベジ協会 All Rights Reserved.